腕 肘 痛み 原因 治療

腕や肘の痛みの原因とその治療について

スポンサーリンク

腕や手に痛みを感じることってよくありませんか、この部分は人間の身体の部分では最もよく動かしたり、細かい作業をするときに、とても駆使していく部分になります。よく使う分、故障もし易いのが、腕や肘、手首といえます。ただ使っているだけでなく、年齢を重ねていくとともに、筋力の低下や、骨ももろくなってきます。人によって原因はそれぞれなのですが、いろんな原因や治療法を、知っておくだけでも、何か会った時には対応することができますので、ぜひいろんなページを見ていってみてください。
このサイトでは、主に腕や、手首、肘などが、いたんだ時の原因やその対処法などを主に書いていますので、気になることは見てみてください。
主に腕や手に痛みを感じる原因とは何なのでしょうか。過去に骨折しという経験がおありの方はそれが原因ということもありますが、そのような経験がない方で、腕や、手に痛みを感じるという方も、必ず原因があります。頚椎の炎症や、関節が炎症を起こしている場合、カルシウム不足が原因ということもあります。
また、シップを貼ったりマッサージをしても治らない場合は、他に病気が隠されている可能性がありますので、注意が必要となってきます。

スポンサーリンク

疑われる病気としては次のようなものがあります。
・関節リウマチ
関節の組織が炎症を起こして、発症します。初期症状としては、手や腕の関節の腫れや、痛みを伴います。痛みはおさまらず、朝起きた時は、こわばり感を感じます。痛みは全身に広がって行きます。

 

・頚椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアとは腰の病気だと思いがちですが、頚椎の部分でもヘルニアは起こります。脊髄や神経を圧迫してしまう病気で、肩や腕、手にしびれや、痛みを感じるようになります。
症状が悪化してしまうと、しびれがひどくなってくるので、細かい作業ができなくなってくるので、早めの治療が重要になってきます。

 

・骨粗しょう症
骨の中のカルシウムが溶け出して骨がもろくなる病気です。腕や、手だけでなく、背中や腰なども痛みを感じるようになります。骨密度が、低くなっていますので、骨折を起こしやすくなります。

 

・ガングリオン
手の甲や関節の周辺に、しこりができる病気です。いたみなどは感じることはないのですが、神経を圧迫することによって、痛みを感じるようになってきますので、早めに切除しておいたほうが、いいです。

 

このように腕の痛みで、疑われる病気はまだまだありますが、慢性的な痛みはほおって置くと取り返しがつかないことになりかねないので、病気の早期発見、早期治療が、一番いい対処法になります。少しでも不安に感じたら、早めに医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク