急な腕の痛み

急な腕の痛みについて

スポンサーリンク

急な腕の痛み、腕がだるい、二の腕がズキズキする、肘がピリピリするなどの腕の痛みは、その場所や痛みの度合いなどによってその原因は様々考えられます。
腕の痛みの原因や、症状、病気や治療について説明していきます。
腕の痛みを伴う病気には上腕骨外側上顆炎、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、脊椎空洞症、痛風、間接リウマチなどがあります。
腕が痛い時は病院の何科に行けばいいのかわからない方もいるかもしれませんが、まずは整形外科に行きましょう。
早期発見、早期治療ができるように、どのあたりが、いつから、どのように痛むのかをしっかり医師に伝えることが大切です。
痛みの原因がはっきりしない場合は、鎮痛剤などの薬が処方されます。
スポンサーリンク

また、腕の痛みを自分で治す方法を紹介します。
腕が痛いときに効くツボがあります。
ひとつめは曲池(きょくち)です。
肘にあるツボで、肘を曲げたときにできるしわの部分です。
指先で少し強く刺激します。
肘をつかんで親指で押すとうまくいきます。
曲池は腕や肘の痛みのほか、肩こりや頭痛にも効果があるので、痛みがあるときは刺激してみてください。
ふたつめは手五里(てのごり)です。
曲池のある場所から肩に向けて指3〜4本上にあります。
手五里は腕や肘の痛み、手先のしびれなどにも効果があります。
肌荒れにも効果があると言われています。
どちらのツボも、指でおして痛くならない程度の刺激で行なってください。
痛いのを我慢するような刺激では逆効果になることもあるので注意してください。
スポンサーリンク