肘 カサカサ 痛い 原因

肘がカサカサと痛い原因は皮膚のバリア機能が弱まっているからです

スポンサーリンク

肘がカサカサになり痛みがある場合は皮膚のバリア機能が傷ついています。
肘は元々皮脂が少なく、皮膚も他の場所に比べると薄く繊細になっています。
頬杖をつくのが癖になっている人や、お風呂で体を洗う時に必要以上にナイロンタオルなどでこすってしまうと、皮膚のバリア機能が弱ってしまいカサカサしたりヒリヒリと痛みが出たりするようになります。
デスクワークを行う人で常に肘をつきながらパソコンを使っている人は、特に注意が必要です。
もし肘がカサカサになり痛いときは、以上のような生活習慣を見直しすことから始めましょう。
また症状を改善するには、ポイントを押さえたスキンケアを行うことが大切です。
スキンケアは症状に合わせて適切な処置を行うようにしましょう。
スポンサーリンク

肘がカサカサになり痛みが出る原因は、皮膚のバリア機能が弱まってしまったことが原因です。
まずはしっかりと皮膚のバリア機能を回復させることを優先しましょう。
皮膚のバリア機能を回復させるにはしっかりとした保湿ケアが大切です。
効果的に保湿ケアに大切なのは、お風呂でしっかりと湯船につかり皮膚の血流を促進する事、化粧水を使用し水分をしっかりと患部に浸透させること、スキンクリームで肌の乾燥をしっかりと防ぐことです。
お風呂に入るときに以上の事を意識すると、しだいに症状が改善されてきます。
症状が進み肌がゴワゴワと固くなっている場合には、スクラブなどを使い肌の角質を取り除いてから保湿ケアを行いましょう。
以上がスキンケアの方法となっていますが、それでも症状が改善しない場合は皮膚科で一度、診察を受けてみましょう。
スポンサーリンク