腕立て伏せ 肘が痛い 筋トレ

筋トレの時に腕立て伏せをすると肘が痛い場合

スポンサーリンク

普段運動をしていないため、体を鍛えようと筋トレを始め、数日間は良い調子で行えたのに、腕立て伏せをすると、急に肘が痛いと感じることがあります。
この場合、いくつか原因が考えられるのですが、もっとも多いのは、間違ったフォームで続けているからなのかもしれません。
肘を少しだけしか曲げておらず、十分に沈み込んでいない、体を持ち上げる時には反動を使っている、といったことを繰り返していると、どうしても肘にだけ負担がかかってしまうのです。
自己流でやっている弊害はこれだけでなく、多少の痛みなら我慢してしまうということです。
そのため、最終的には腕立て伏せができないほどにまで悪化してしまい、結局は筋トレをやめてしまう、ということになってしまうのです。
スポンサーリンク

肘が痛いと思ったら、安易な自己判断はせずに、思い切って休養を取りましょう。
休むとここまでの筋トレが無駄になると思うと、勇気がいりますが、下手をすると、日常生活にさえ支障が出ることもあり得るので、無理は禁物です。
必要とあれば、専門医の診断を受けることも必要です。
それから、腕立て伏せをするのなら、間違った方法で数十回するよりも、正しいフォームで数回やれる方が効果があるのです。
胸が床に少しだけ触れるまで体を沈め、一秒程度その状態で静止して、ゆっくりと持ち上げていきます。
できる範囲で良いので、限界まで続けましょう。
ただし、これを毎日やるのは禁物です。
少なくとも筋トレをした次の日か、二日程度休むようにしましょう。
スポンサーリンク