朝起きると腕が痛い

朝起きると腕が痛い原因について

スポンサーリンク

朝起きると腕が痛いと感じたことがある人は、少なくありません。
寝起きに腕が痛い原因については、寝相が悪い、寝具が合っていない、筋肉痛、神経痛、頸椎の異常、ストレス、カリウム不足といった原因が考えられます。
痛みが深刻であれば、すぐに医師の診断を受けることが必要ですが、その前にご自分の状況を確認してみるようにしましょう。
 寝相が悪い場合には、寝違えて首が痛いのと同様に、腕が痛くなることがあります。
この場合には、時間が解決してくれる痛みとなります。
また、寝具が合わない場合には、枕やベッドのマットレスを見直すことによって解消します。
次に、筋肉痛については、激しい運動をしていなくても、例えばカバンに少し重たいモノを入れて持ち歩いただけでも、歳をとると普通の行動で筋肉痛になることは、稀ではありません。
スポンサーリンク

 頸椎が微妙にずれたり、何らかの異常があると、腕の痛みにつながることがあるのですが、頸椎に異常を生じる原因として、寝具が合わないということが挙げられます。
やわらかすぎるマットレスや、高さの合わない枕は、寝ている間に頸椎に負担をかけてしまいます。
新しい寝具に替えてから、朝起きた時に腕が痛むようであれば、寝具の見直しを行うことをおすすめします。
 人間は、夜になると副交感神経が働いて、リラックスして眠れるのですが、ストレスが大きい場合には、夜になっても交感神経が働き続け、筋肉が緊張し続けているために、腕が痛くなる場合もあります。
また、カリウム不足になると、筋肉の収縮運動が阻害されますので、筋肉痛が起きる場合があります。
スポンサーリンク