肘 骨折 手術 子供

子供の肘の骨折と手術について

スポンサーリンク

子供の骨折では折れた部分が完全に離れてしまわず竹を折った時のように繋がったまま折れてしまう事も多く見られ子供の骨は大人と比べると性質や形態が大きく異なるので自ずと診断や治療も異なってきます。
大人に比べて治りが早く多少の変形も成長するうちに矯正されますが関節の近くの骨折では成長が障害されて変形や短縮が生じる事があります。
特に肘の周辺の骨折は子供に多く見られ正しい治療をしないと成長障害や動きが悪いなどの障害を残しやすいので注意が必要です。
肘周辺の骨折にはいくつか種類がありどこの部位の骨折でも肘の周辺が腫れて触れたり動かそうとすると痛みが生じます。
それぞれの部位の正しい診断と適切な治療をする必要があります。
スポンサーリンク

上腕骨顆上は高い所から落ちて手をついた時に起こりやすい部位で小学校低学年までに最も多く見られる部位です。
肘の関節の周辺が強く腫れて時に内出血が見られます。
治療はズレの程度などにより異なりズレが小さい場合には整復してギブス固定をしますがズレが大きかったり整復が難しい場合には手術をします。
上腕骨外顆は肘の脱臼を伴う事が多くサッカーやラグビーなど激しいスポーツを始める小学校高学年から中学生に多く見られます。
骨のズレがほとんどない場合にはギブスを巻いて治療しますが手術が必要になる事が多い部位です。
橈骨頸部は骨片が大きく離れてしまう事はありませんが彎曲変形がおこります。
彎曲が強い場合には手術が必要となる部位です。
また子供には骨端線という完全に骨になっていない部分が存在し強度的に弱く折れやすいという特徴があります。
完全に整復しても後に成長障害をおこす危険が残るので最初の段階で可能な限り綺麗に整復する事が大事です。
スポンサーリンク