肘 痛み ズキズキ

肘のズキズキとした痛みの原因と治療について

スポンサーリンク

肘を伸ばすと激しい痛みがある、物を持ったり腕をひねると肘が痛いなどの症状が続く場合はテニス肘やゴルフ肘になっている恐れがあります。
テニスやゴルフなどのスポーツをしていない人でも、引越しや片付けなどで何度も重い荷物を運んだり介護や育児で日常的に人の身体を支えたり抱えたりして腕を使いすぎてしまうとテニス肘をおこしてしまうことがあります。
症状がひどくなると腕を動かさなくてもズキズキと痛くなって炎症を起こし、家事が出来ない・パソコンも打てないなど仕事や日常生活にも影響が出てしまいます。
重症化すると完治にも時間が掛かってしまうので「そのうち良くなるだろう」と放置はせずに早めに医師の診察を受けることが大切です。
スポンサーリンク

動かさなくてもズキズキとした痛みがある場合まずは患部を冷やすことが大切です。
痛みや炎症が悪化する恐れがあるので無理に動かしたりマッサージをするのは厳禁です。
貼り薬などで冷やしてなるべく早めに専門家の治療を受けます。
治療は病院の整形外科のほか、接骨院や鍼灸院などでも行っています。
整形外科ではレントゲンを撮って骨に異常がないかを確認し、注射による投薬やリハビリなどを行います。
接骨院では超音波治療や専門の施術師によるメンテナンスなどが行われます。
痛みの原因が胃腸障害や更年期障害など、腕の疲労以外の場合には鍼灸院での鍼治療も効果的です。
痛みの原因をしっかりと解明し、自分に一番合った治療法を見つけることが大切です。
スポンサーリンク