肘 骨折 寝方

肘の骨折は子どもに多いと言われており、寝方には注意点がある

スポンサーリンク

骨折には様々な要因がありますが、特に肘に関しては成人と比べて子どもが圧倒的に多いと言われています。
また肘の中でも様々な部位がありますが、特に子どもに多くみられるのが上腕部の骨折です。
ある統計では上腕部に関しては全体の中で、子どもが50%から70%といったデーターも出ています。
子どもに多いと言われている原因の一つが手をついたときに起こりやすいからだと言われています。
例えば鉄棒や跳び箱から落ちた時に手をつくと、上腕の部分に一気に負荷がかかります。
また子どもは骨の発達がまだ未熟である事からも、成人と比べると容易に骨折が起こりやすくなっています。
また骨折をした時は日常生活の中での注意点が挙げられています。
スポンサーリンク

骨折をした時は何らかの方法で固定をしていたり安静が必要となっています。
しかし日常生活の過ごし方によっては回復にも異なりがある言われていて、一般的に以下の事が推奨されています。
まず一つ目は血流を良くする事です。
これは症状が安定してから行う方法ですが、患部を温めたり可能は範囲で体を動かす事で血流が良くなり骨の付きが早くなると言われています。
ですから適度な血行促進は薦められています。
また寝方で大切な事は患部を高くする事です。
これはむくみを予防する為に行う事ですが、肘の場合でも固定してある部分から先の部分をできるだけ高くしておく事が大切となります。
また固定の方法によっては皮膚の血流が滞らないよう枕やクッションを利用する事も推奨されています。
二つ目は血行を良くする事です。
スポンサーリンク