肘 痛み チクチク

肘のチクチクした痛みは尺骨神経麻痺の可能性があります。

スポンサーリンク

肘の痛みについては様々な原因が考えられます。
よくあるのは野球肘やテニスによる肘のダメージによる痛みですが、こうしたスポーツによる繰り返しの肘の運動がないような場合にも起こる痛みで、電気が走るようなチクチクした痛みを感じる場合には、尺骨神経症ということを疑ってみることも重要です。
こうした痛みはたまたま机の角にぶつけてしまったりといことで一過性で終わるのであれば問題がないのですが、何か月も続くような場合には医者に診てもらうのが賢明です。
尺骨神経麻痺の場合は、酷いものになると変形ということもありうるのですが、特段の治療というよりは安静にして回復するのを待つという保存療法が取られることが一般的にあります。
スポンサーリンク

肘の内部の尺骨神経が慢性的に圧迫されたりすることが原因でこうした症状がでるのです。
麻痺が進行することで、指の痺れを感じたり、また、進行すると変形が起こったりということにつながります。
治療法として保存療法といったものが有効でない場合には、尺骨神経を圧迫している原因を取り除く外科手術を行うということになります。
神経を圧迫している靭帯の切断やガングリオンの切除というものを行うのです。
尺骨神経の緊張が高いような場合には、骨を削ったり、また、神経を前方に移動するという手術を行うこともあります。
チクチクとした感じが長く続くようであれば、このように麻痺の進行によっては手術も必要というケースもありますので、早めに病院で診てもらうのが賢明なのです。
スポンサーリンク