肘の骨

肘の骨の痛み〜肘頭骨端線損傷

スポンサーリンク

成人と未成年では骨の作りが違ったり、とくに思春期の子供は、骨が成長期にありますので、この時期の子供骨に関する怪我は注意が必要になってきます。

 

今回は肘の骨に関する肘頭骨端線損傷について見ていきたいと思います。
少年野球などで、ボールを投げる動きで肘の関節が痛みを伴う可能性があります。
肘の関節の内側や、外側に痛みを感じる場合が多いですが、肘の後ろのほうが痛くなる場合の疾患もあります。

 

肘頭骨端線損傷は主に、肘の外側から、後ろにかけて痛みがあります。そして肘頭骨端線損傷の起こる原因は、野球におけるピッチャーの投球によって肘に負担がかかることで起こります。
肘の関節の外と内側、更には後ろ側にも負担がかかります。
肘頭骨端線損傷の症状としては、投球の時のボールを投げる瞬間から、フォロースルーにかけて肘に負担、とくに後ろ側に負担がかかります。

スポンサーリンク

肘の後ろ側で、普段使うことのないところが傷んでいますので、日常生活にはとくに負担はありませんが、投球をするときはやはり痛みが生じます。

 

この症状を改善していくためには、肘を駆使しすぎでの症状となりますので、しばらく投球を休むことによって症状は緩和されていきます。
しかし一度損傷していますので、これを根本的に治していくためには、肘だけではなく、成長の過程に合わせて、肩や下半身も強化していく必要があります。

 

いずれにせよ無理な練習は身体を壊してしまいます。将来を見越して、成長期の子供には健康的にスポーツを楽しむ必要がありますので、そこは大人がしっかりと管理してあげることが必要になってきます。

スポンサーリンク