肘の骨 痛い 原因 

肘の骨が痛い原因は上腕骨外側上顆炎

スポンサーリンク

肘の骨が痛む原因としてスポーツをしている時などにもよく肘の怪我で悩まされているプロの選手がいますよね。

 

一般的にテニス肘という病気がありますが、この病気も肘の骨が炎症を起こしている病気で、正式な名前は上腕骨外側上顆炎です。ややこしい名前ですが一般的にテニス肘と理解していただいて大丈夫です。

 

主にテニスで肘に負担をかけてこの病気が発症してしまうのですが、テニスだけではなく、デスクワークをしている人であったり、仕事で手作業をしている人もこの上腕骨外側上顆炎になる人も多いのです。

 

上腕骨外側上顆炎のおもな原因は肘の外にある、骨に付随している筋肉に激しい負担がかかったり、使いすぎによって起こるものです。
おもな症状としては、荷物を持ち上げるときに痛くなったりだとか、雑巾を絞るときなどねじるような動きをするときに痛みを生じます。

スポンサーリンク

テニスにおいては、フォアハンド、バックハンドともに肘を使いますので、その動作の時に痛みを生じます。しかしこの疾患は何もしていない時は痛みを感じることはありません。

 

とくに中学生や高校生の時には体も成長段階にありますし、クラブ活動で激しく運動をしますので、とくにテニス肘には注意していかないといけません。

 

可能性のある若い年代の時に怪我をしてしまうととても悲しいので、過度な練習はやめて適度に練習するように心がけましょう。

 

しかし上腕骨外側上顆炎になった時は、治療していけばやがて通院しなくてもいいくらい回復していきますので、痛みを感じた時は早めに医師に相談するのが良いでしょう。

スポンサーリンク