手首 肘 痛み 引かない

手首や肘の痛みはパソコンの使いすぎに原因が!?

スポンサーリンク

現代ではスマートフォンやパソコンが普及してきて、仕事やプライベートでも重宝して日常生活では欠かせないものになっています。

 

そしてパソコンを使いすぎることによって手首や肘に負担をかけてしまっています。このことが原因で、肘や手首の痛みが引かないというひとも最近では増えてきました。
テニスやゴルフなどもそうですが、日常生活で指先を酷使するひとは、そういった痛みを引き起こす可能性をもっています。
こういった炎症は誰にでも起こる可能性があります。
間接を動かすときに大切なのは、腱という部分で、筋肉力を手足に伝えるための大切な役割を持っています。
パソコンの使いすぎで腱が炎症を起こして痛みが発生しているということになります。
これを腱鞘炎といいます。

スポンサーリンク

腱鞘炎になる原因は使いすぎという事のみになります。
文字を書きすぎたり、パソコンの打ち込み過ぎ、また楽器の演奏などで、指を使いすぎたときに腱鞘炎になる可能性が大きくなります。

 

パソコンの使い過ぎで腱鞘炎になるひとをパソコン腱鞘炎だったり、マウス腱鞘炎と呼ぶようになってきているほどです。

 

日常で行っていることなので、使いすぎという意識はないかもしれませんが、日々の疲労は確実に蓄積されています。
とくに仕事でデスクワークをする人であれば、必ずパソコンを使うことになるので、注意が必要になってきます。
腱鞘炎も進行して悪化をすると場合によっては手術をする必要も出てくるので、早めに対処することが必要になってきます。

 

仕事でぱパソコンを使う場合は、十分な休養は取れないと思うので、ときどきストレッチをすることが必要になってくるでしょう。
緊張した筋肉をほぐしながら作業に望んでいきましょう。

スポンサーリンク