寝起き 腕が痛い 原因

寝起きで腕が痛い場合の原因について

スポンサーリンク

寝起きで腕が痛い場合、その原因については様々な要因が考えられます。
まず1つ目に考えられる事は、夜寝ている間に寝返りの体勢が悪くなって、肘を強打等をして痛めてしまった事が考えられます。
この場合は、日中に湿布を貼ったり、肘を安静にしている事によって痛みの症状が緩和されるケースが多いのが特徴です。
それでも痛みが残っている場合は、整体に行くなどの対処を行うことをオススメします。
もっとも、そのような対策を行ってもまだ強い痛みが続く場合については、病院に行って精密検査を受ける事を推奨します。
なぜなら、肘の筋を痛めている場合があるからです。
肘の筋を痛めている場合は、絶対安静が必要なために力仕事や日常生活の家事などは休養すると良いでしょう。
また、寝起きで腕が痛い場合、その原因としては寝ている間に寝室に置いてある固形物に肘を強打した事が考えられます。
この場合は、寝室の固形物を撤去したりするなどの処置を行う事を推奨します。
スポンサーリンク

寝起きで腕が痛い場合の原因としては、様々な事が考えられます。
腕の痛みが非常に強い場合は、寝ている間に寝返りによって壁などに強打した事が考えられます。
そのため、病院でレントゲン検査を受けることを推奨します。
これによって腕の骨折や炎症を発見することがあります。
また寝ている間に腕が身体の下に入ってしまって、その身体の体重で腕を痛めた可能性も考えられます。
この場合は、起きて腕を安静にしていると治るケースが多いです。
他方で、腕の上部付近にピリピリとした痛みがある場合は、神経痛の可能性もあります。
特に以前、肋間神経痛などを発症した経験のある人は、寝起きに腕の上部に痛みが発生するケースがあります。
神経痛の場合は、神経内科で専門の処方薬で治療を行うか又は心療内科に行って自律神経を改善する薬を貰う事によって症状が改善するケースが多いと言えます。
また、前日に球技などのスポーツを行った場合は、寝起きに腕が痛い事があります。
スポンサーリンク