肘が痛い サポーター

肘が痛いテニス肘に効果があるサポーターの使用方法

スポンサーリンク

テニスをしている人にとってテニス肘はいつ発症してもおかしくはない怪我です。
症状としては主に2つありまして、徐々に痛みが増す場合と、突然肘が痛い状態になる突発性のものがあります。
テニスをしている時だけ痛みを感じる場合はサポーターを装着して痛みを軽減させる方法がありますが日常生活にも支障が出るようであれば医師の診察を受けることが必要です。
医療機関では痛み止めの飲み薬の服用と湿布薬を貼ることがオーソドックスな治療方法です。
耐えられないほどの痛みであれば肘に注射を打ち炎症を止めます。
しかし、完治させるためには肘を使わないようにすることが一番の方法です。
痛みが消えるまではテニスは厳禁となります。
ここで治さないと慢性化するので我慢が必要です。
スポンサーリンク

サポーターは肘が痛い状態を緩和させるだけで治すことにはつながらない道具です。
有効的な使い方は肘が痛い状態が治まった後に予防のために装着するのが効果的な使い方です。
サポーターを装着することで再発を防ぐ効果が期待できるのです。
肘が痛い状態が治まったからといって同じように無理をすると再発する可能性が高いのです。
サポーターの装着で肘の保護につながり再発防止になります。
サポーターを装着することで無理な動きができなくなるため肘の負担が軽減します。
使い方をきちんと覚えることで肘の痛みとは無縁のテニスライフが送れることになります。
けがをする前に予防をすることも長くスポーツを続けるためには必要なことにつながります。
スポンサーリンク