肘部管症候群 手術 費用

肘部管症候群の手術にかかる費用等について

スポンサーリンク

肘部管症候群とは神経麻痺の一種で、手の小指と薬指の感覚や手指の筋肉のコントロールに影響が出ます。
この疾患で麻痺が起こるのは尺骨神経という神経で、この神経は肘部管というトンネルの中を走っています。
肘部管はその名の通りに肘部分にある管で、時として何等かの理由で狭くなる場合があります。
 肘部管は元々余裕のない管なので、ここが狭くなると中を走っている尺骨神経にも影響が出ます。
尺骨神経は小指や薬指の感覚、手指の曲げ伸ばしのコントロール等を司っている神経になります。
そのため尺骨神経に異常が現われると、小指や薬指の感覚が麻痺する等の症状が現われてきます。
 肘部管症候群が発生しる原因についてはいくつかあり、代表的なものだと肘部管付近での骨や靱帯の隆起等が挙げられます。
こうした隆起やガングリオンという出来物が出来たりする事で肘部管を圧迫して、肘部管を部分的に狭くしてしまうのです。
また子供の時等の骨折が原因となって、腕を伸ばした時に異常に反ってしまうという変形が原因となる事もあります。
スポンサーリンク

 肘部管症候群を発症した場合に現われる症状については前述した通りに、小指や薬指の感覚麻痺等が挙げられます。
ちなみに麻痺の状態は疾患の進行具合によって異なり、軽度ならば軽い痺れ程度になります。
しかし状態が進行していくと感覚が無くなり、筋肉も減少して小指と薬指が全く伸ばせなくなってしまいます。
また小指と薬指のみならず手全体の筋肉も減少するので、曲げ伸ばしが出来なくなり握手も難しくなっていきます。
 肘部管症候群の治療方法については進行具合によって異なり、軽度の場合には消炎鎮痛薬の処方等が行なわれます。
しかし消炎鎮痛薬等が効かない場合や、筋肉の減少が著しい場合等には手術を行なう事になります。
 具体的には肘の靱帯を切ってトンネルを開き、尺骨神経の圧迫を取り除くという手術が行なわれます。
ちなみに手術と聞くと費用の面が気になる人も少なくないですが、入院するか否か等によって費用は異なります。
一般的には入院する場合には手術の6万円程度と入院費用、入院しない場合には単純に手術費用の4万円程度と言われています。
スポンサーリンク