肘 強打 対処

肘を強打した場合の対処法について

スポンサーリンク

スポーツや転倒などの理由によって肘を強打してしまった場合、すぐに冷やすことをオススメします。
なぜなら痛めた患部を放置してしまうと、内出血を引き起こして青い痣が発生する場合があるからです。
また強打した患部が炎症を起こして、肘が曲がらなくなってしまう場合もあります。
次に、強打した肘の痛みが続く場合は湿布薬を貼ることを推奨します。
このような対処によって、患部の炎症を沈静化することができます。
これによって痛みが治まるケースもあります。
また、大切なことは、しばらくの期間は腕を曲げたり動かしたりするなどの動作を控えるようにしましょう。
あまり無理に痛めた患部を動かしてしまうと、回復が遅くなったり、患部の炎症が悪化してしまう場合があるからです。
痛みが悪化して慢性化してしまいますと、治療が難しくなる可能性があるために、安静にしている事が大切です。
そのため日常生活の中でも、例えば重い荷物を持たない等の対策が大切となります。
スポンサーリンク

スポーツなどによって肘を強打してしまった場合の対処方法としてはいくつかの事が挙げられます。
まずは痛めた患部の痛みが強かったり、腫れている場合は外科に行くことを推奨します。
なぜならこの場合、患部が骨折している可能性があるからです。
そして骨折の場合は、病院に行かずに放置しておくと後遺症が残る場合があるために、早めの対処が必要となってきます。
外科に行って、医師による問診やレントゲンなどの検査の結果、骨折が判明した場合はギプスで腕を固定する処置が行われます。
また痛みが強い場合は、痛み止めの注射や薬を処方される場合があります。
なぜなら強い痛みを放置してしまうと、睡眠不足や体調悪化などの弊害が発生する可能性があるからです。
そのため、痛みが強い場合は我慢をせずに、早めに医師や看護師に相談すると良いでしょう。
またレントゲン検査の結果、打撲と判断された場合は、湿布薬などの治療が行われることが一般的となります。
スポンサーリンク