腕を曲げると痛い 原因

腕を曲げると痛い場合の原因について

スポンサーリンク

腕を曲げると痛い原因については、様々な事が考えられます。
1つ目として挙げられる事は、肘の部分に炎症を起こしていることです。
これは野球をした場合にボールを無理な体勢などで投げてしまった場合に発生することがあります。
またテニスをした場合も肘に炎症が発生する場合があります。
これは例えば、腕が疲労している状態で無理にテニスのラリーを継続した場合に発生しやすくなります。
またラケットの選択を間違えて、自分の腕の筋肉の力量と合わない重さのラケットを長時間使用をした場合にも肘の炎症が発生します。
さらに、野球の投手をして肘を痛めてしまう場合があります。
この場合も腕を曲げると痛い症状が特徴的です。
この場合は肘に湿布を貼るなどの治療をすることを推奨します。
また、野球で肘を痛めた場合はキチンと治療をしなければ、痛みが慢性化してしまう場合があります。
そのため外科で精密検査を受けたり、整体やマッサージを受けることを推奨します。
スポンサーリンク

腕を曲げると痛い症状について、その原因については様々な事が考えられます。
まず考えられることは、転倒をして肘を強打してしまった場合です。
この場合は、打撲の可能性が高いために、痛めた直後は安静にしている事が大切です。
そして痛めた患部が腫れていたり、痛みが激しい場合は病院に行くことを推奨します。
なぜなら、痛めた部分が骨折している可能性があるからです。
病院でレントゲン検査を受けて、打撲だと判明した場合は痛み止めの注射を打つなどの処置をしてもらいましょう。
また湿布で肘の炎症を抑える事も有効な治療方法となります。
そして大切な事は、痛めた原因がわかった場合は治療に専念することです。
具体的には傷が回復するまで安静にしているようにしましょう。
そのため日常生活においても、無理をして家事をしない事が大切となります。
また仕事で重い荷物を持つ場合も、同僚や部下に肘の打撲について説明をして、仕事を交代して貰うなどの方法を行うことを推奨します。
スポンサーリンク