腕がチクチク痛い 原因

肘がチクチク痛い原因とは

スポンサーリンク

肘に痛みを感じる原因には様々なものが挙げられます。
何かにぶつけたりした場合にはジンジンとした痛みを感じますし、いわゆるテニス肘やゴルフ肘の場合はズキズキとした痛みを感じるようになります。
一般的に肘が痛いと感じる場合には、テニス肘やゴルフ肘などの運動が原因になっている事が多くなっています。
しかし、特にスポーツを行っていない方でも肘がチクチク痛いと感じる方がいらっしゃいます。
この肘がチクチク痛い時の原因としては、尺骨神経症の可能性が高くなります。
基本的に肘がチクチク痛い時は何かにぶつけたりした事が原因になっていますが、その場合には数時間から数日で痛みは治まります。
しかし数週間から数ヶ月経っても一向に痛みが治まらない場合には、尺骨神経症の可能性が高くなりますで病院に行って医師の診察を受ける必要が出てきます。
症状が悪化すると肘が変形したりする可能性がありますので、出来る限り早く医師の診察を受ける事が重要になります。
スポンサーリンク

基本的に尺骨神経症の治療には、保存療法が行われています。
この保存療法とは手術などを行わず、安静にする事で自然治癒力で回復する事を待つと言う療法になります。
手術が必要ないので体に負担もかかりませんし、安静にする事で他の部分も休ませてあげる事が可能になります。
ただし症状が思い場合には、摘出手術を行う事もあります。
症状が悪化すると肘の変形や指の痺れなど深刻な症状が現れるようになります。
そうなってしまうと日常生活にも支障をきたす可能性がありますので、原因になっているものを摘出する必要が生じます。
基本的には神経を圧迫している人体やガングリオンなどを摘出しますが、神経の緊張度合いによっては骨を削ったりするケースもあります。
また、神経を幹部から移動させたりなどのケースも報告されています。
このように肘がチクチク痛いと感じた場合には、放っておくと手術が必要になる場合がありますので可能な限り早めに医師の診察を受ける事が重要になります。
スポンサーリンク