手首の痛み 小指側 治療

小指側の前腕から指先や手首の痛みの原因と治療

スポンサーリンク

人間というのは、痛い部位が悪い場合が、その大半を占めるのですが、時としてそれ以外の部位に原因が存在することがあります。
例えば、脳梗塞を起こした時に、悪い場所はもちろん頭なのですが、実際には足が痛いといったものです。
こうしたことは、何も頭ばかりではなくて、肘関節においても発生することがあります。
肘関節には、いくつかの大きな神経が通過していますが、そのなかに尺骨神経と言うものが身近です。
なぜ身近であるかと申しますと、肘を不意に机などに突いたときに、小指側に電気が走るような痛みとシビレが発生することがあります。
この日常生活でありふれた現象こそが、尺骨神経の作用になるわけですが、これは特別な治療を要しません。
尺骨神経は、肘関節の内側を存在していまして、前腕から指先までの小指側を走行しているため、こうした現象が発生するのです。
スポンサーリンク

では、どういった病気が発生すると、先述のような痛い部位以外の部位が原因になるかですが、尺骨神経麻痺というものがあります。
この病気は、いくつかの原因によって発生するのですが、多くは肘関節の変形が原因になることが、もっとも多くなります。
例えば、肘関節周辺の骨を骨折して、それが変形治癒した場合や、老化現象としての変形性関節症でも起こります。
これは尺骨神経が、肘関節において比較的狭い空間を通っているためです。
この狭い空間で何らかの変形がありますと、神経が圧迫を受けて、症状を呈するようになるのです。
具体的な症状としては、実は先述の肘を打撲した際の症状に基本的には同じです。
すなわち、小指側の前腕から指先や手首の痛みとシビレが基本になりまして、それ以外に筋力低下が生じます。
治療法は、肘関節の安静と消炎鎮痛処置による保存療法と、手術療法の2つに大別されます。
スポンサーリンク