肘 ズキズキ 原因

肘がズキズキと痛む原因とは

スポンサーリンク

肘を伸ばすとズキズキと痛い、何かを持ったり腕を捻ると肘に痛みを感じるなどの症状を感じている方は大勢いらっしゃいます。
例えば何かにぶつけたりした時にはそれが原因になってズキズキした痛みを感じる様になっていますが、そうではなく継続して痛みが長期間続くケースがあります。
その様な場合には、一般的にはテニス肘やゴルフ肘と呼ばれる状態になっている可能性があります。
文字通りテニスやゴルフなどのスポーツを行っている方に多く見られますが、スポーツを行っていない方でもなってしまう事があります。
例えば引っ越しなどで重たい荷物を何度も上げ下げしたり介護や育児など頻繁に人の体を支えたりなど、腕を酷使する事で肘にズキズキとした痛みを感じる様になってしまう事は多々あります。
このように腕を酷使した事が原因で症状が現れてしまうと、日常生活に支障が出てしまいますし思わぬ怪我をしたりするなどの可能性も非常に高くなると言えます。
スポンサーリンク

また症状がひどくなると、腕を動かさなくても痛みを感じるようになってしまいます。
そうなると家事ができなくなったりしますし、パソコンのキーボードが打てなくなったりもしてしまいます。
さらにトイレやお風呂なども不便になりますし、場合によっては満足に食事ができなくなってしまうこともあります。
その様な場合には、まずは冷やす事が重要になります。
一般的にはアイシングと呼ばれていて、患部の炎症を抑えたり腫れを引かせる為に行われます。
冷湿布などの貼り薬などは効果的とされていますし、氷や冷水なども効果は期待できるとされています。
なので病院に行く時間がなかったり、受付時間外の時はアイシングして様子を見ることが良いとされています。
また整形外科以外にも、整体院や鍼灸院などでも治療を行う事が可能になります。
基本的には腕を酷使した事が原因になっていますが、更年期障害などが原因の場合は鍼治療なども効果的になるとされています。
スポンサーリンク