肘 骨折 種類

肘の骨折の種類と対処法について

スポンサーリンク

肘の骨折には、年齢やその前の行動により種類が違ってきます。
小学校低学年ぐらいの子供に多く見られるのが、『上腕骨顆上骨折』というものです。
また、年齢を重ねた大人にも見られるもので、骨粗鬆症などの疾患からくる『病的骨折』や、過剰な運動により骨にひびが入って折れてしまう『疲労骨折』などの種類があります。
種類は様々ですが、多くの症状は肘の周りが腫れたり、動かすと痛みを感じるといった症状です。
また内出血や折れた骨の動きが異常になる場合もあるので、症状によって対処の方法に注意が必要です。
特に子供に多い『上腕骨顆上骨折』ですが、これは鉄棒などをしていて高い所から転んだ時に、咄嗟に手をついてしまうため肘の関節に負担がかかり骨が折れてしまう症状になります。
子供の肘関節骨折の約60%を占めていて、完治するまで結構な時間がかかってしまいます。
しかし、まだ骨が柔軟な子供の場合は正しい処置を行えば早い完治も可能なので、症状にあった処置を行うようにしましょう。
スポンサーリンク

対処法として、ギプスや手術といった方法があります。
いずれにしても専門機関でのきちんとした検査が必要ですが、小学校低学年ぐらいの子供は関節が柔軟なため、ギプスで固定しておけば骨が元通りに繋がる事が多いです。
症状として激しい痛みや神経系への異常がある場合は手術が必要です。
手術で折れた骨の残骸を取り除いて、綺麗にした状態でギプスで固定します。
あとはなるべく動かさないよう安静にする事で治りが早くなります。
ギプスの固定は大体3〜4週間が目安とされています。
勿論症状によっては、期間が長くなる場合も短い場合もあるので注意してください。
専門医で適切な処置を行う事が早い完治には重要ですが、すぐに病院に行けないという場合は応急処置を行いましょう。
肘を90度に曲げた状態で、上腕から手までを固定します。
添え木の代わりに厚めのダンボールでも代用出来ます。
多少の痛みや腫れでも、処置をしないと後遺症として残る場合があります。
骨に違和感を感じたらきちんと専門医で検査してもらうようにしましょう。
スポンサーリンク