前腕 痛み 原因

前腕に感じられる痛みの原因

スポンサーリンク

腕が痛いと感じることは決して珍しいことではなく、ちょっとぶつけたりしただけでも打身や捻挫、骨折などになってしまうこともあります。
またそういった外傷性ではなく、最近ではスマートフォンやパソコンの使用のし過ぎなどで腕が疲労してしまうことなどもあります。
もちろんこういった原因ならば、すぐに本人も自覚できますので対処方法もいくつかあります。
ただ痛いと感じても原因が分からない場合は、他の病気のサインである可能性もあるので、そういった場合はただちに病院を受診しましょう。
ちなみに腕の使いすぎで痛いなら、できるだけ腕に負担をかけず、安静にすることがセルフケアになります。
他にも病院での治療とともに、マッサージや針治療、整体なども改善効果が期待できますし、湿布だけでなくテーピングなどをしても良いでしょう。
もっともこういったセルフケアだけでは効果が得られないほど重症の場合は、病院でも手術などの大事になることもありますので、そうなる前に予防に励みましょう。
スポンサーリンク

人間の身体は繊細な作りであるために、生きていればいたるところに痛みを感じることもあります。
そんな痛みの中でも前腕に感じる痛みは、怪我などの見た目ではっきりわかるものは別として、前腕そのもののトラブルによって感じる痛みはもちろんのこと、他の病気が原因で感じることもあります。
まず前腕そのもののトラブルとしては、腱鞘炎やテニス肘、ゴルフ肘や肉離れ、神経関連のトラブルや関節症、感染症などがあり、他の病気関連では、風邪や脳関連のトラブル、糖尿病や肺がんなども関係しています。
このように原因は実にさまざまですが、痛みを感じたなら応急処置として、まずは湿布を貼ったり腕をできるだけ動かさないようにしましょう。
また入浴や温泉などを利用して、腕をゆったりと温めることも効果的です。
それでも数日経過しても症状が改善せず、その原因が一体何なのか判断がつかないような場合は、病院を受診して医師の診察を受けることで原因を探りましょう。
スポンサーリンク