肘 骨 出っ張り

肘の骨の出っ張りが痛い

スポンサーリンク

手のひらを上に向けた時の肘の内側の出っ張りのところが痛くなることがあります。
手首を内側に回したり、内側に曲げる動作をする時に痛みが出ます。
肘の骨の出っ張り部分のことを「上腕骨内側上顆」と言います。
ここには手首や指を動かす筋肉の腱がいくつか付着しています。
この腱の部分に強い力が加わった状態で手首を内側に曲げる動作を繰り返すことにより炎症が起こります。
たとえば、テニスで強いサーブを打つ、フォアハンドのレシーブの繰り返しといった場合。
またゴルフのスウィングで強引に利き腕で振り下ろす場合にも起こるため、「ゴルフ肘」とも呼ばれます。
強い負荷がかからなくても、タイピングなど同じ動作の繰り返しが原因になることもあります。
スポンサーリンク

この痛みを改善するにはいくつかの方法があります。
まずは痛みを引き起こす動作を控えて安静にすることです。
ただ手首や肘は日常生活でもよく動かすところですので「安静」といってもなかなか難しいでしょう。
サポーターやキネシオテープを使って筋肉をサポートしてあげるのもおすすめです。
痛みが出ている間はアイシングやシップ薬も有効です。
炎症が治まり痛みがひいてきたら、手首(前腕)の筋肉のトレーニング、ストレッチをしましょう。
筋肉をほぐすことにより新陳代謝が活発になり回復を助けます。
また柔軟性が上がれば腱への負担も軽くなり、炎症の再発を防ぐことができます。
つい追い込んでハードな練習をしてしまったり、治りきらない内に運動を再開してしまうことがあります。
ですが、長い目で見れば早めの休養やメンテナンスをすることで、運動の質を上げることにもつながるでしょう。
スポンサーリンク