尺骨神経 ピリピリ 痛み

尺骨神経のピリピリした痛みの対処法は

スポンサーリンク

尺骨神経と言うのは肘周辺にある神経のことを言います。
この尺骨神経は様々な原因で圧迫されることによってピリピリとした痛みを生じることがあります。
このようなピリピリするような痛みにはどのように対処すればよいのでしょうか。
 まず、尺骨神経が圧迫されることによって起こる病気の代表格とも言うことが出来るのが、肘部管症候群です。
この病気の特徴として挙げられるのが、何らかの原因によって圧迫されることによって手の小指にピリピリとした痛みを伴う病気です。
それだけでなく進行すると麻痺や変形といった症状も伴うことがあります。
このような尺骨神経の異常に対する対処法としては、まだ本当に初期段階の痛みが一時的なものであると、痛む時にアイシングをするなどといった対処法で十分です。
そうではありますが、悪化してくると場合によっては薬物療法や手術が必要な場合もあります。
薬物療法を使用する場合に多いのは、周辺の部位の一部が炎症を起こすことで圧迫してしまうことで痛む場合であり、炎症を抑える薬が処方されます。
スポンサーリンク

それでは、このような尺骨神経に関連する病気を防ぐためにはどのような対策を行えば良いのでしょうか。
これに関しては、まず、若い人であると肘を酷使することによってこのような病気になってしまう人が多いです。
特にバドミントンやテニスなどといった肘を酷使するラケット競技は肘に負担をかけやすく、練習や試合終わりにしっかりアイシングを行って予防しましょう。
また、加齢によって肘が変形することによって圧迫されると言うことも少なくはありません。
このようなことを避けるためにも健康的な生活を送ることを日頃から意識して過ごすことが大切であると言えます。
早い段階でこの病気に気付くための代表的な症状には、やはり肘をぶつけた時に肘よりも手の小指にピリピリとした痛みを感じると言った特徴があります。
早い段階で気づくことによって、筋肉の衰えも変わってくるのでリハビリしなければいけない期間も短気で済みます。
そのため、出来るだけ早い段階で病院を受診するようにしましょう。
スポンサーリンク