テニス肘 力はいらない 原因

テニス肘の力が入らない原因について

スポンサーリンク

テニス肘という言葉を聞くことがあります。
これは痛みを感じるようになっていますが、それは肘の外側に痛みが発生するようになっています。
手首を動かすときに、肘の外側に痛みが発生することがあります。
この他には力が入らないというのが基本的なテニス肘の症状となっています。
テニスを経験したことがあるというようなことが原因となっていますが、力が入らないというテニス肘の原因は他にもあります。
テニス肘は腱鞘炎のことになります。
この炎症は3つに分けることができます。
初期の場合は筋肉痛のような痛みで、数日休むことで痛みが治まります。
しかしこの症状が進むと日常生活でも気になってきます。
また症状が悪化すると、何もしなくても痛みを感じるようになります。
痛みがひどくなると人と握手をすることもできなくなってしまいます。
肘に痛みが発生したときには、テニス肘の可能性があるので、整形外科を受診するようにします。
原因として考えられていることはいくつかあります。
スポンサーリンク

力が入らない原因としては、正しくない方法で無理にプレイをしたときです。
また自分に合わないラケットを使ったりラケットグリップが小さいということが考えられます。
ガットを硬く張っていたり硬いガットを使うことでも痛みが発生します。
肩のインナーマッスルが弱い場合にも症状が現れます。
柔軟性が悪く、血行がよくないという人も痛みが発生しやすくなっています。
このようなことが原因で、症状が現れたときには治療をすることが必要になります。
基本的には医師から診断をもらうようにします。
まずは痛みや炎症を抑えることが必要になります。
痛みを抑える効果的な方法はアイシングになります。
しかしこれでも症状を抑えることができない場合は痛み止めを服用するようにします。
またできるだけ安静にします。
安静にすることで患部が悪化するのを防ぐことができます。
圧迫も効果が期待できます。
これは余分な物質や液体を患部から押し出してくれます。
そして新しい細胞で傷を修復させることができます。
スポンサーリンク