肘 内側 腱鞘炎 治療法

肘の内側の腱鞘炎の治療法について

スポンサーリンク

肘の内側の腱鞘炎は、日頃の習慣から誘発されることがほとんどです。
腕をひねるような動作を続けると、時に肘の内側の腱鞘炎が生じてきます。
この場合、まずは患部を安静に保つことが第一の治療法です。
度重なる動きによって腱鞘部分が常に擦れた状態にあると、炎症は治りにくくなります。
肘の内側の腱鞘炎は、ゴルフなどをしている方に多く見られる症状です。
ですが、同じ動作をしていても腱鞘炎になるか否かには個人差があります。
こういった差が現れる背景には、腕の動かし方が関係しています。
力の入れ具合は人によって違うのが常です。
ゴルフクラブの握り方にも差があるため、組織へのダメージも変わってきます。
肘の内側の腱鞘炎の治療法を考える上では、このような手の動きに注目することも非常に大切です。
筋肉が凝り固まると、概して腱鞘の動きも悪くなります。
ですので筋肉の使い方を工夫することで、治療後の再発を抑えることも場合によっては可能です。
スポンサーリンク

肘の内側の腱鞘炎の代表的な治療法としては、例えば手術が挙げられます。
手術で炎症が起きている部分を取り除き、改善をはかるのがこういった治療の目的です。
ですが生活習慣病の一つである腱鞘炎は、同じような動作を再び繰り返すようになるとその後も同様の症状が現れてくることがあります。
ですので、手術をしても根本的な解決に至らないケースが出てくるのが厄介な点です。
手術には一定のリスクも伴いますので、選択の際には慎重になることが大切と言えます。
筋肉や腱の状態は、実のところ精神状態にも左右されます。
緊張しがちな方や常に体に力が入ってしまう方は、筋肉の動きも悪くなりがちです。
習慣的にこういった問題が起こると、筋肉や腱の柔軟性も悪くなります。
滑らかな動きが得られない場合、腱鞘には絶え間ない負荷がかかることになりますので、炎症が起こりやすくなることが問題です。
従って、肘の内側の腱鞘炎の治療法を探るに当たっては、心理的な面にも目を向けることが求められます。
スポンサーリンク