肘が痛い 外側 骨

骨がある外側部分の肘が痛い場合は整形外科で診察を受けましょう

スポンサーリンク

同じ動作を繰り返し続け肘に負担をかけ続けると、肘が痛いなどの症状が出る場合があります。
肘の外側の骨の部分に痛みがある場合は、上腕骨外側上顆炎という症状です。
この症状は、スポーツや仕事でパソコンなどを日常的に使う人によくみられる症状です。
上腕外側の骨のある部分の筋肉が炎症を起こすことにより痛みがでるようになり、特に腕に力を入れる動作をしたときに強い痛みを感じるようになります。
肘に痛みを感じるようになったら、整形外科で診察を受けてみるようにしましょう。
整形外科ではレントゲンやトムセンテスト、中指伸展テスト、チェアテストなどにより診察を行っています。
上記のテストで痛みが出る場合は上腕骨外側上顆炎と診断されます。
スポンサーリンク

整形外科での治療ではストレッチによる症状改善を行っています。
ストレッチでは腕を伸ばした状態から手首を曲げる運動を行うことで、腕の外側の筋肉を伸ばしていきます。
この動作は1回10秒をワンセットとして5回程度行います。
このストレッチ運動は毎日、行うことが効果的です。
またほかの治療としては補助的にエルボーパットを使用して、肘への負担を緩和することも行います。
この症状は使い痛みの要素が強いことを意識し、日常生活で痛みが感じられなくなるまでは肘に負担をかけないように生活しましょう。
肘の痛みははほとんどの場合1ヶ月程度治療をを続けることで、症状が改善してきます。
肘の痛みが気になる人は、症状がひどくなる前に早めに整形外科で診察を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク